薬剤師の転職では、他の職種の転職と同じようにまず最初に履歴書と職務経歴書を提出します。履歴書の書き方は特に難しい事はなく、学歴や職歴を箇条書きにしていくわけですが、履歴書の中でも何を書いたら良いのか分からないと多くの人が頭を抱える項目と言えば、やはり趣味とか特技ではないでしょうか。

 

趣味や特技の項目は、どんな履歴書にも必ずついている項目です。薬剤師の仕事とは直接関係ないため、何も書かなくてもいいかなと考える人は意外と多いのですが、ブランクのまま提出してしまうのはNGですね。薬剤師の仕事と趣味や特技を結び付ける必要は全くありませんが、この項目をどんな風に記入するかによって人間性をアピールすることができるので、記入する際には工夫するようにしましょう。例えば、多くの人が大好きな「映画鑑賞」は趣味の所に記入しやすい内容ですが、ただの映画鑑賞では漠然とし過ぎていて、面接官の気を引くことはできません。しかし、「探偵ものの映画鑑賞」などのように、どんな映画を見ることが好きなのか1歩踏み込むことによって、面接担当者にとってはより具体的にイメージしやすくなりますし、もしかしたらそこから「どんなシリーズが好きでしたか?」なんて会話が広がるかもしれません。趣味や特技の項目では、面接の際に面接担当者の気持ちを和らげて会話を広げるためのツールと考えると良いかもしれませんね。

 

また、最近では履歴書はパソコンで入力して、最後にプリントアウトするだけのスタイルが多くなり、その場合には入力ミスなども少なく、時間をかけずに仕上げることができます。自分の直筆に自信がない人ならそれでも良いのですが、面接担当者の印象に残るのは手書きの方なので、心を込めて履歴書を手書きにするというのも悪くはありません。ただし、履歴書と一緒に提出する職務経歴書については、しっかりとパソコン入力をしてプリントアウトしたものを提出するようにしましょう。全てが手書きでは、もしかしたらパソコンを上手く使えないのかな、という疑問を抱かせてしまうかもしれません。注意してくださいね。

 

薬剤師の転職に強い「マイナビ薬剤師」はこちら



薬剤師転職時のおすすめ履歴書の書き方 

薬剤師が転職する際には、履歴書を提出することになりますが、初めての転職などでは具体的にどんな風に書くのが正解なのか分からないという人はたくさんいます。学生の頃のアルバイトなどでも利用していた履歴書は、転職者にとっては面接試験にたどり着くまで自分の名刺代わりとなるものですから、できるだけ面接官に好印象を与えられるような履歴書を作成したいものです。

 

履歴書の書き方のおすすめは、ずばり面接官に自分を印象付けられるものを書くということですね。しかし、奇抜な内容や突拍子もない内容では、マイナスの印象をあたえてしまうのでNGです。書く内容はとてもまともなのに面接官に好印象を与えられるような内容が書ければ、採用に一歩近付いたと言っても過言ではないでしょう。学歴や職歴、また個人の名前や住所などについては、面白おかしく書くことはできません。しかし、趣味や特技などについては、自分のオリジナリティを出すことができるスペースなので、この部分はぜひ工夫したいですね。例えば、趣味なら「映画鑑賞」とありきたりの内容では面接官に何の印象も与えることはできません。しかし、「アクション映画を見て手に汗握ること」と書けば、面接官に強い印象をあたえることができます。ただし、面接の際には具体的な映画を教えてくれ、なんて突っ込まれる可能性は高いので、突っ込まれても良いように答えを準備しておくことは大切です。

 

また、近年では転職の際の履歴書をパソコンで入力し、プリントアウトするだけという簡単な書き方が増えています。この方法だと、書き間違えたからもう一枚新しく書き直すという作業が必要なくなるので楽なのですが、自筆の部分がゼロになってしまうのでは個性を出すことはできませんよね。そのため、パソコンで入力する履歴書でも、最低でも氏名は手書きできるように空欄でプリントアウトするようにしましょう。手書きの方が個性を出せますし、面接官に対してもアピールしやすいのです。

 

薬剤師・転職成功率90%超の日本調剤「ファルマスタッフ」公式サイトはこちら