病院から薬局に転職する薬剤師はたくさんいます。薬剤師が病院に勤務する場合、基本的には夜勤などはないので毎日規則正しい勤務時間で働けることが多いのですし、病院にはたくさんの薬剤師が働いているので、先輩たちから指導を受けながら働くことができるというメリットがあります。資格を取得したばかりの人にとっては、指導を受けながら働けることは大きな安心感と言えるのではないでしょうか。

 

また、病院にはたくさんの薬剤師が働いていて、レベルごとにこなす職務が異なります。最初の数年間は調剤業務を行いますが、そのうち薬剤の在庫管理や注文、病棟患者さんへの調剤、職場によっては医師や看護師とのチーム医療によって薬学のスペシャリストという立場から患者さんの治療に関わることもできます。しかし、薬剤師のキャリアステップが充実している職場では離職率がとても低く、仕事を覚えても次のレベルの仕事を回してもらえないというジレンマを感じることは少なくないようです。そのため、仕事の幅を広げたい、もっと調剤業務に関わりたいという人は、病院から調剤薬局への転職を考えることがあるようです。

 

病院から調剤薬局への転職で気をつける点は、勤務時間と残業についてです。基本的に調剤薬局のお仕事は、勤務時間はロケーションによって異なりますが、そばに病院がある場合には病院の外来診療時間に合わせてあることが多く、夜勤はありません。しかし、病院とは違い、最少人数で切り盛りしているために一人の薬剤師にかかる精神的な負担や仕事量は大きくなり、残業のリスクは高くなります。また、少ないスタッフが働く職場では、人間関係や職場の雰囲気がダイレクトに働きやすさに直結してしまうため、場合によっては仕事の内容は好きだけれど雰囲気が嫌で転職したくなるという可能性はあるかもしれませんね。こうした転職活動をする際には、職場の内情や人間関係などについても情報収集できる転職サイトを活用するのがおススメです。

 

薬剤師の転職に強い「マイナビ薬剤師」はこちら



薬剤師 病院から薬局への転職注意点

薬剤師の転職パターンの中で多いのは、病院から調剤薬局への転職です。その理由は、病院でのお仕事は体力的にキツイとか、何年たってもレベルの高い仕事に挑戦できないなどキャリア的な理由で転職を考える人もたくさんいます。どんな理由で転職するのかは、このパターンに限らず、また薬剤師の転職に限らず個人差があるので、どんな理由なら良いとか悪いということは、一概には言えないでしょう。

 

病院から薬局への転職をする際には、いくつかの注意点があります。まず、転職先の職場環境や雰囲気をしっかりと把握した上で転職することが大切です。病院勤務の場合には、複数の診療科目において調剤業務を行うことが多いのですが、薬局では近隣のクリニックや病院で取り扱っている診療科目がメインとなります。そのため、職場によっては、まったく取り扱わない診療科目ができ、その分野に関しては経験を積むことができないという結果になってしまいます。

 

また、病院勤務をしている薬剤師はとても多いため、職場の中はたくさんのスタッフに囲まれて働くことが多いでしょう。しかし薬局では、最少人数のギリギリでやりくりしている所が多いため、薬剤師の数は病院と比べると激減します。そのため、一人の薬剤師にのしかかる負担や責任は大きくなりますし、分からないことがあっても先輩に確認するということができない場合もあります。分からないことは調べながらできるのかどうかという点や、自分のそれまでの経験やスキルと照らし合わせながら、上手に転職先を探したいですね。

 

薬局で働く場合には、場所によって忙しさは大きく異なります。そのため、毎日ノー残業で帰宅できる職場もあれば、処方箋が終わらなくて閉店した後でもひたすら残業をして処方箋の対応をしなければいけないという職場もあります。もしもライフステージの変化によって転職を考えている場合には、そうした忙しさについても事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

 

薬剤師・転職成功率90%超の日本調剤「ファルマスタッフ」公式サイトはこちら