薬剤師転職スーパーナビについて

薬剤師の転職おすすめサイトの紹介や転職する場合の履歴書・志望動機の書き方に、各薬剤師転職サイトの評判や口コミ、上手な活用方法などなど薬剤師転職について詳細に解説した専門情報サイトとなっています。転職を考える前にぜひご覧になってみてくださいね!


 

薬剤師の最適な転職タイミング

薬剤師のお仕事は、他の仕事と比べると転職の回数が比較的多い仕事と言えるのではないでしょうか。その理由は、薬剤師の場合、職場には調剤薬局やドラッグストア、病院などがありますが、職務の内容が職場によって特定されていることが多く、キャリアアップやスキルアップをするためには転職する必要がある職場が多いことがあげられます。例えば調剤薬局の場合、医療機関のすぐそばに薬局がたてられていることが多いため、それぞれの調剤薬局ごとに取り扱う診療科目がだいたい限定されていることが多いものです。もっと幅広い調剤に挑戦してみたいと思っていても、それを可能にするには転職するしかないわけです。そのため、調剤薬局で働いている薬剤師の中には、より専門的な調剤業務ができる専門病院そばの薬局へ転職したり、調剤以外の仕事にも挑戦できる医療機関へ転職することが多いようですね。

 

薬剤師の転職のタイミングですが、資格を取得してから最初の転職をするまでには、3年ぐらいは期間をあけるという人が多いようです。同じ職場で3年間頑張れば、ある程度の経験や知識、スキルを身につけることができると考えられるので、このタイミングで別の職場への転職を考える人が増えてきます。その次の転職のタイミングは5年目とか10年目などが多いようですが、5年目、10年目となるとスキルアップやキャリアアップな転職が多くなるので、転職先の探し方も3年目の転職とは変わってくるようです。

 

薬剤師の職場の多くは、ギリギリの最低人数の薬剤師で切り盛りしていることが多いため、転職する際には辞めるギリギリになって辞表を提出するのではなく、職場が次の後任者を雇用できるだけの期間を持つことがマナーです。一般的に、波風を立てずに転職しやすいのは、多くの人が転職先を探す4月の転職で、12月ぐらいから求人募集が出始めるので、そのタイミングで職場に辞めることを伝えると良いのではないでしょうか。

 

薬剤師の転職に強い「マイナビ薬剤師」はこちら



 

薬剤師の転職タイミングと時期

薬剤師の求人は、年間を通してたくさん募集されているので、特にどの時期でなければ転職できないということはありません。しかし、時期によって転職希望者が多くなる時期とそれほど多くはない時期とがあります。そのため、たくさんの選択肢の中から気に入った転職先を探したい場合には、できるだけたくさんの求人募集が出されている時期、つまり多くの人が転職活動をする時期に合わせた仕事探しがおすすめです。

 

薬剤師の転職において、転職者が多くなるのは一般的に4月転職と言われています。この時期は、新卒入社を抱える企業が多い時期であると同時に、人事異動などで人が異動する時期でもあります。そのため、この時期に合わせて新しい職場で働き始めたいという人が多く、4月転職に向けて1月ぐらいから転職活動を始めるわけですね。4月転職と言っても、4月に転職活動をスタートするのでは遅いですから、4月入社を目標として1月ぐらいからコツコツと転職活動を始めるのが良いでしょう。もし早めに仕事が決まったとしても、4月入社を希望すればリクエストに応じてくれる企業はたくさんありますし、現在の職場に退職する旨を伝えたり、引継ぎの作業などでも時間的な余裕がありそうですよね。

 

その他にも、薬剤師の転職におすすめのタイミングはあります。例えば、ゴールデンウィーク明けには新卒者の退職者が出始める時期なので、第二新卒とか経験が少ない人にとっては転職のチャンスが訪れる時期でもあります。また、夏休みに向けてゴールデンウィーク明けから転職活動を始める人もおり、その場合には、9月入社を目指しての転職が多くなりますね。

 

求人募集がたくさん出されている時期に転職するということは、複数の選択肢の中から自分の希望や条件に合わせて仕事探しができるというメリットにつながります。その一方で、求職者が多いという点で競争率が高くなるというデメリットもあるので、その辺は理解しておいた方が良いでしょう。

 

薬剤師・転職成功率90%超の日本調剤「ファルマスタッフ」公式サイトはこちら



Copyright (C) 2017 薬剤師転職スーパーナビ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます